国公立大学受験、看護医療受験

復習でライバルに差をつける

目次

復習をすれば必ず伸びる

復習はとても大事です。勉強というのは、復習をするかしないかで身につき方が変わります。復習をすることにより知識の定着がはかれますし、新しい気づきや発見が見つかるものです。理解していたつもり、わかっていたつもりを防ぐこともできます。

新しい知識を吸収しやすくなる

復習をしっかりこなせば、これまで理解したり覚えた知識を土台として、また新しい知識をどんどん吸収していけます。

復習は本当に大事!

今月に入ってまだ復習に手をつけていない方は、2〜3日でいいので、これまで解いた問題をもう一度見直してみましょう。

来年度の受験生であれば、今の時期、基礎基本の復習をしっかりこなしてください。基礎基本は、受験生の大きな力に必ずなります。ライバルにも差をつけることができます!

復習をするタイミングをつかむ

復習はタイミングが大事です。練習をしながら、いづれ自分の復習タイミングを掴めるようにしましょう。

ちなみに、学習したことをすっかり忘れてしまってから復習しようとすると、取り組むのがしんどくなります。なので、これまで学習したことを、ちょっと忘れてそうな感覚が出てきた時がおすすめです

スタートは自分次第

夏の時期になると、過去問など新しい学習を進めながら、これまでの復習も同時にしていかないといけません。また入試直前になると過去問演習の見直しも加わります。

結構な学習量です。

自分の学習スタイルの確立

なんだかんだ言っても受験は競争です。スタートはいつでも自分次第です。今のうちに一足早く頑張っておきましょう!合格できます!

もし勉強していてよく分からないことがあれば、お気軽に質問してください!

効率的な学習方法については、以下の記事も役立ちます。

目次